商品開発ストーリー井藤漢方製薬の人気商品誕生の経緯について、開発担当者が想いとともにご紹介します。

Story 01
ビネップル 黒酢飲料

ビネガードリンクが苦手な人も、
好きな人も楽しめる味に。

企画開発部 商品マーケティンググループ
商品マーケティンググループで、主に自社ブランド商品のコンセプト立案から、パッケージデザインおよび販促ツール等の各種案内物の作成を担当。店頭でお客様が『ビネップル』を手に取るのを見かけるとドキドキする。

お酢が苦手な私も、こっそり愛飲しています。

実は私、ビネガードリンクが苦手なんです(笑)。2006年の発売以来、たくさんのお客様にご好評いただいている井藤漢方製薬の酢飲料『ビネップル』。毎年新フレーバーを発売していて、最近では「プルーン」や「グレープフルーツ」が登場しています。

これら新フレーバーの味を調整するのも、私たち商品マーケティンググループの仕事のひとつ。サンプルをいくつも飲み比べるのですが、味覚には個人差がありますし、とても繊細な作業になりますね。甘すぎてもダメだし、いくら飲みやすくても黒酢の味がしないとダメ。「黒酢が苦手な方も好きな方も楽しめるビネガードリンク」が『ビネップル』の基本コンセプトだからです。お酢が苦手だった私も何度も試飲するうちに、今やすっかりお酢の大ファン。実際、『ビネップル』はとても飲みやすいので、新フレーバーが出るたびにこっそり愛飲しています。というわけで、味には自信があります!

飲みやすい味づくりで、人々の健康づくりを。

新フレーバーのフルーツを選ぶ際には、味はもちろん、健康や美容などの面からもしっかり考えます。20~70代と幅広い年代の方、特に女性の方にご購入、ご愛飲いただいているシリーズなので、ダイエットなどの美容を意識したものが多いですね。ざくろやブルーベリーなど、その種類はさまざま。ベースとなる黒酢そのものにも健康にうれしいアミノ酸や酢酸が含まれていますし、ときには鉄分やカルチニンといった成分を加えることもあります。もちろん、防腐剤は添加していません。栄養成分以外の余計なものは極力入れないようにしています。

もちろん女性だけでなく、ご家族にもおいしく飲んでいただけたらと思っています。アレンジレシピをパッケージに掲載しているのは、そんな想いから。ヨーグルトに混ぜてもいいし、あたためてもおいしい。いろんな飲み方ができるとみんなで楽しめますし、飽きませんしね。アレンジレシピは一つひとつ実際に試して、特に美味しかったものだけを掲載しているんですよ。こうしたレシピや味の調整で『ビネップル』を飲みやすくすることは、幅広い方の健康づくりにつながると考えて商品開発に取り組んでいます。お客様から「これを飲んで元気になったよ」「疲れにくくなった」という声をいただくと、本当にうれしいですね。

健康のためには、1日おちょこ一杯ほどのお酢を摂るのが良いと言われていますが、『ビネップル』なら100mlでその半分ほどのお酢が摂れます。これからも飲みやすい味づくりに取り組んで、ひとりでも多くの方の健康づくりをお手伝いできればと考えています。

開発した商品のご紹介

ビネップル 黒酢飲料

ビネップル 黒酢飲料

  • 生活習慣が気になる
  • 健康飲料(ドリンク類等)

キレイをサポートする、飲みやすい黒酢ドリンクシリーズ

キレイをサポートする、飲みやすい黒酢ドリンクシリーズ。ざくろやブルーベリー、グレープフルーツなど、人気の素材を健康にうれしい黒酢とブレンドした「ビネップル」。多彩なフレーバーからお好みの味をお選びいただけます。

商品開発ストーリー

Story 01
ビネップル

ビネガードリンクが苦手な人も、
好きな人も楽しめる味に。

このストーリーを読む

Story 02
コラーゲン低分子ヒアルロン酸

ヴァージンオリーブオイルのように、
ピュアなコラーゲンを。

このストーリーを読む

Story 03
しじみの入った牡蠣ウコン

クルクミノイドは絶対に100mg!
優先したのは、利益よりもこだわり。

このストーリーを読む

Story 04
黒減肥茶

「漢方屋さん」ならではの、
ぜいたくブレンドを実現。

このストーリーを読む

Story 05
食べてもDiet

ダイエッターの究極のニーズに、
こだわりの配合量でお応え。

このストーリーを読む

Story 06
葉酸+マカ/葉酸400 Ca・Feプラス

成分も、表示も、品揃えも。
女性のニーズに応えて日々改善。

このストーリーを読む

Story 07
マカ4400速攻MAX

飲んだ瞬間の「辛い!」を追求。
「速攻」実感テイストへ。

このストーリーを読む

Story 08
ブルーベリールテインプラス

野生のビルベリーの恵みを
間違いなくお客様に届けたい。

このストーリーを読む