1. トップ
  2. 楽しむ・学ぶ
  3. 商品開発ストーリー
  4. ビタミンC1200

商品開発ストーリー

STORY10

ビタミンC1200

味とパッケージにこだわった、
おいしく続けやすい
ビタミンCサプリ。

企画開発部 商品マーケティンググループ

1998年入社。現在は、新商品のアイデア構想から具現化までを担当する商品マーケティンググループに所属。インフルエンザが流行する冬に入る前に、家族や友人に『ビタミンC1200』を毎年プレゼントしている。

酸味・重い甘み・軽い甘みの
バランスを追求。

井藤漢方製薬では、”どこでも手軽に摂れるビタミンC”をお届けするため、1998年に『ビタミンC1000』を発売。そのままおいしく食べられる顆粒スティックタイプは、毎日手軽に続けやすいこともあり、長年ご好評いただいてきました。そして2008年にビタミンCを増量してリニューアルしたのが、今回ご紹介する『ビタミンC1200』です。
リニューアルでの大きな課題となったのは、その味わいです。「ビタミンCを200mg増量する」と酸味がきつくなり、とても毎日続けられる味ではなくなってしまうのです。そのため「おいしさ」をキーコンセプトに、研究開発グループで何度も試作を重ねていきました。酸味を抑えるには甘みが必要ですが、その甘みも「後を引く甘ったるい重い甘み」「スッキリと軽い甘み」などさまざま。酸味、重い甘み、軽い甘み、どれに偏ってしまってもいけないので、グループ内はもちろん社内モニターの協力も得ながら、絶妙なバランスを追求していきました。

ユーザーも
「水なしでおいしく食べられる」
を評価。

その後、2013年にはパッケージデザインのリニューアルプロジェクトも担当しました。市場にはたくさんのビタミンC関連商品が出回っているため、そのなかでいかに『ビタミンC1200』の魅力を伝えるかがポイントでした。そこで、ビタミンCサプリメントのユーザーの方々にご協力いただき、パッケージデザイン案について「魅力度」「好感度」「購入時の重視点」などを調査していきました。その結果、デザインはもちろんキャッチコピーも大幅に変更することに。当初パッケージに掲載されていた「レモン60個分のビタミンC」というコピーはユーザーの評価が低く、むしろ「水なしで手軽に食べられる」というポイントの方が高評価だとわかったんです。ビタミンCは、体外にすぐ排出されてしまうので、継続して摂っていただくことが重要です。だからこそ井藤漢方製薬では『ビタミンC1000』の頃から「水なしでもおいしく食べられる顆粒スティック」にこだわり続けてきたのですが、ユーザーの方々からもそこを高く評価いただけることがわかったのは、とてもうれしいポイントでした。
おかげさまで『ビタミンC1200』は、発売から現在に至るまで、井藤漢方製薬の販売数量ランキング上位の人気商品です。リピート率も高く、アンケート調査によると「70%以上の方が4回以上購入している」とのこと。年齢・性別を問わずみなさんに満足していただけるおいしさを追求したこと、そして長く続けやすいことを伝えるパッケージデザインにこだわったことなど、いずれも大変でしたが、みなさんに愛される商品をお届けすることができてよかったなと感じています。

開発した
商品のご紹介

水なしでおいしくビタミンCを補給できる顆粒スティック。お徳用!

ビタミンC1200

1袋にレモン果汁約60個分のビタミンCを配合しました。毎日の美容と健康に。水なしでもおいしくそのまま食べられるレモン味です。便利な顆粒スティックタイプ。たっぷり60袋入り。
60袋・・・2,400円

詳細を見る

他のストーリーを読む