1. トップ
  2. 商品情報
  3. 葉酸400 Ca・Feプラス

葉酸400 Ca・Feプラス

※マウスを近づけると拡大して表示されます

  • amazonで買う
  • 爽快ドラッグで買う

担当者の声

企画開発部 岩下

ママに大切な成分、葉酸・鉄・カルシウム・ビタミンを配合しています。香料・着色料・保存料不使用ですので安心してご愛用いただけます。

販売店検索

  • 美を追求したい方
  • ビタミン
  • ミネラル
  • ママ・⼦供向けサプリメント

ママに大切な葉酸、カルシウム、鉄、ビタミン7種類を配合。

ママに大切な葉酸、カルシウム、鉄、ビタミン7種類を配合したママのサプリです。妊娠計画中の女性、妊娠の可能性がある女性の葉酸摂取推奨量をサポートできます。香料・着色料・保存料不使用。

内容量 希望小売価格 JANコード
120粒 1,500円 4987645490822
1日の摂取量目安 4粒
お召上がり方 1日目安量 4粒

食品として少しずつ水などでお飲みください。
葉酸は、食事+健康食品で合計900μgを超えないように

食事にプラスして1日に摂るべき葉酸量(18~49歳・女性)

妊娠計画中~妊娠初期 推奨量* 400μg 本品の目安量 4粒
妊娠中期~後期 推奨量* 120μg 本品の目安量 1~2粒
授乳中 推奨量* 50μg 本品の目安量 1粒
*・・・モノグルタミン酸型葉酸として

本品は利用効率の高い葉酸(モノグルタミン酸型)を使用しています。
(普段の食事に含まれる葉酸とは異なります)
<厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」より>
主要成分 4粒(1g)中:葉酸 400μg、鉄 9mg、カルシウム 200mg、ビタミンB1 1.1mg、ビタミンB2 1.2mg、ナイアシン 12mg、パントテン酸 6mg、ビタミンB6 1.9mg、ビタミンB12 2.8μg、ビタミンD 7μg
アレルギー物質 卵・乳成分 
栄養成分 1日4粒(1g)中:エネルギー2kcal、たんぱく質0.04g、脂質0.02g、炭水化物0.40g、食塩相当量0.004g、葉酸 400μg、鉄 9mg、カルシウム 200mg、ビタミンB1 1.1mg、ビタミンB2 1.2mg、ナイアシン 12mg、パントテン酸 6mg、ビタミンB6 1.9mg、ビタミンB12 2.8μg、ビタミンD 7μg
賞味期限 3年
1粒重量 250mg
形状 錠剤
保存方法 高温・多湿、直射日光を避け、涼しい所に保管してください。
注意事項 ●大量摂取はお避けください。
●1日の摂取目安量を守ってください。
●本品の摂取により尿が黄色くなることがありますが、ビタミンB2による一時的なものですので心配はありません。
●体質や体調により合わない場合は摂取を中止してください。
●薬を服用・通院中は医師にご相談ください。
●色調等が多少変わる場合もありますが、品質には問題ありません。
●開封後はお早めにお飲みください。
●乳幼児の手の届かない所に保管してください。

使用するアレルギー物質 : 卵・乳成分
27品目以外は原材料名をご確認ください

食物アレルギーのある方は原材料名をご確認ください。

食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

※パッケージデザインや、商品内容が変更になる場合がございます。

葉酸はママとベビーを守る重要な成分

葉酸はママとベビーを守る重要な成分

葉酸は緑黄色野菜や果物に多く含まれるビタミンB群の一種です。妊娠中の女性は、胎児の正常な発育のため、葉酸の必要量が普段の2倍になります。また、厚生労働省では、妊娠計画中または妊娠の可能性がある女性は、葉酸を1日当たり400μg摂取することを推奨しています。

 

信頼できる井藤の葉酸

井藤漢方製薬の「葉酸400 Ca・Fe プラス」は、ママに大切な葉酸(400μg/1 日)と女性に重要なビ タミン7 種類、カルシウム、鉄などを配合して、総合的にママを応援します。香料、着色料、保存料 不使用で安心してお飲み頂けます。

 

 

 

 

この商品の販売店を検索 戻る

売り切れや店舗移転の場合もありますので、
直接お店にお電話でご確認の上お出かけください。

現在地から検索

よくあるご質問

Q1日4粒をどう分けて飲めばいいですか。

A本品は食品ですので特に定めはございません。
1粒ずつ4回に分けて飲んだり、2粒ずつ2回に分けて飲んだり、一度に4粒飲んでいただいても構いませんが、一日目安量を守っていただき、のどに詰まらせないようご注意ください。

Qおすすめの摂り方はありますか。

A本品は食品ですので特に定めはございませんが、お客様のライフスタイルに合わせて続けていただくことが大切です。
食事と一緒に摂ってもらう方が継続しやすいと思いますので、毎日の食事のタイミングで摂っていただくのはどうでしょうか。
※水または白湯でお飲みください。コーヒー・紅茶・お茶などに含まれるカフェインによって鉄の吸収が阻害される場合があります。

Q他のサプリメントと併用してもよいですか。

Aビタミン類、鉄、カルシウムが入ったサプリメントとの併用は、各種成分の過剰摂取になる恐れがありますのでお避けください。
弊社の商品も一日摂取目安量以上飲まれますと、過剰摂取になりますので、一日摂取目安量を守っていただきご利用ください。

Q病院で処方された薬を飲んでいますが、サプリメントを併用してもよいですか。

Aサプリメントと医薬品の飲み合わせはそれぞれの組み合わせによって異なります。
ご担当医・薬剤師・登録販売者にご相談ください。

Q妊婦以外が飲んでも大丈夫ですか。

A本品は、妊娠計画中から授乳中の女性をサポートする商品です。
食品ですので、それ以外の女性や男性の方でもお飲みいただけますが、通常の食事で葉酸が摂取出来ている場合はそれ以上に摂取する必要はありません。
また、15歳未満のお子様の摂取はお控えください。商品に使用しておりますビタミン類等がお子様の体には強く影響する場合があります。

Q「妊娠計画中の女性、妊娠の可能性がある女性の葉酸摂取推奨量をサポートできます」とありますが、妊娠中・授乳中も飲んでもよいですか。

A妊娠中・授乳中も葉酸は必要です。本品には、葉酸をはじめとして、妊娠計画中~授乳中に不足しがちな栄養素を配合しておりますので、妊娠中・授乳中もお飲みになることをおすすめします。

Q妊娠計画中、妊娠中、授乳中はそれぞれ何粒飲めばよいですか。

A通常の食事での葉酸摂取に加え、本品を下記の通りお飲みいただくことをおすすめします。
●妊娠計画中~妊娠初期(妊娠の1ヶ月以上前~妊娠3ヶ月)
本品4粒
●妊娠中期~妊娠後期(妊娠4ヶ月以降)
本品1~2粒
●授乳中
本品1粒
※食品から摂取できる葉酸と本品で摂取できる葉酸は異なります。
(厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」より)

Q葉酸をたくさん摂ってもよいでしょうか。(目安量以上飲んでもよいですか。)

A1日の摂取目安量をお守りください。(Q7を参照)
葉酸は妊娠期・授乳期に大切な栄養素ですが、たくさん摂れば摂るほど良いというものではありません。摂りすぎによって、発熱、じんましん、紅斑、かゆみなどが起こることがあります。過剰摂取を避けるため、食事からの摂取を含めて1日1,000μg(モノグルタミン酸型として)を超えないようにしましょう。(モノグルタミン酸型については、Q11を参照) (厚生省「児母第72号、健医地生発第78号、神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について 平成12年12月28日」より)

Q不妊治療中ですが飲んでもよいでしょうか。

A処方されているお薬等に影響する場合がありますので、ご担当医にご相談ください。

Q葉酸とは何ですか。

Aほうれんそう、春菊、アスパラガス等、緑色の野菜のほか、豚や牛のレバーなどにも含まれるビタミンの一種です。妊娠前後に必要となる量が増えますので、葉酸を多く含む食品を積極的に摂るとともに、不足分をサプリメント等で補うことをおすすめします。

Q食品で摂る葉酸とサプリメントで摂る葉酸の違いは何ですか。

A【食品で摂る葉酸(食事性葉酸)】
複数のグルタミン酸が結合した形(ポリグルタミン酸型)をしています。
食事性葉酸は、熱に弱く、水に溶けやすい性質があり、調理法によっては半減してしまうこともあります。
パッケージ記載の「通常の食品からの葉酸」とは、「食事性葉酸」のことです。 【サプリメントで摂る葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)】
グルタミン酸が1つ結合した形(モノグルタミン酸型)をしています。
食事性葉酸に比べて吸収されやすく、体内で利用されやすいのが特徴です。
パッケージ記載の「健康食品などでの葉酸」とは、「モノグルタミン酸型葉酸」のことです。 なお、「食事性葉酸」の体内での利用率は、「モノグルタミン酸型葉酸」に対して50%とされています。
(日本人の食事摂取基準2010年版より)

Q妊婦には葉酸が必要なのですか。

A厚生労働省では、妊娠を計画している女性に対して、通常の食品からの葉酸に加えて、健康食品などから1日当たり400μg(マイクログラム)の葉酸をプラスして摂取することを推奨しています。葉酸を摂ることで、おなかの中の赤ちゃんの神経管閉鎖障害の発症リスクを減らすことができると考えられているためです。ただし、摂りすぎないよう注意しましょう。 (厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」、厚生省「児母第72号、健医地生発第78号、神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について 平成12年12月28日」より)

Q神経管閉鎖障害とは何ですか。

Aおなかの中の赤ちゃんに起こる先天異常の一つで、脳や脊髄を形成する神経管が妊娠前期に正常に形成されないことによるものです。 (厚生省「児母第72号、健医地生発第78号、神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について 平成12年12月28日」より)

Qビタミン7種類とは何が入っているのですか。

AビタミンB1、B2、B6、B12、D、ナイアシン、パントテン酸の7種類です。
※葉酸を除く

Qビタミン類は天然か合成かどちらですか。

AビタミンB1、B6、ナイアシン、パントテン酸、葉酸は合成品です。
また、ビタミンB2、B12は微生物を用いた発酵法で作られたもの、ビタミンDは羊毛脂から作られたものです。

Qコーヒーや紅茶・お茶で飲んでもよいですか。

A水または白湯でお飲みください。
コーヒー・紅茶・お茶などに含まれるカフェインによって鉄の吸収が阻害される場合があります。

Q葉酸は食事だけでなく、サプリメントからの補給も必要ですか。

A食事とサプリメント両方からの補給をおすすめします。
食品に含まれる葉酸は熱に弱く、水に溶けやすい性質があります。
バランスの良い食事を心がけるとともに、不足分をサプリメントで補うことをおすすめします。

Q製品のリニューアルでなぜビタミンCからビタミンDに変えたのですか。

A妊娠・授乳中は、妊娠していない女性の推奨摂取量に上乗せした量のビタミンDが必要となります。
ビタミンDも「ママのサプリ」として必要な成分であると考え、配合いたしました。 (厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」より)

Q色やにおいが少し変わったように感じるのですが、飲んでも問題ないでしょうか。

A原料の性質上、吸湿等により粒の色が変化したり、においが出ることがありますが、品質に問題はありません。安心してお飲みください。
もし極端に変色したり、異臭がする場合は、弊社お客様相談室までお問い合わせください。 ※井藤漢方製薬(株) お客様相談室 06-6743-3033 (月~金(祝日を除く)午前10時~午後5時)

お客様の声

お客様満足度
86.7%
満足
やや満足
どちらともいえない
やや不満
不満
回答なし
  • ※ご利用者への自社実施アンケート数値より

開催中のキャンペーン

  • ポイント貯めてもらっトク!キャンペーン
  • お客様の声をお聞かせください。

井藤漢⽅からのおすすめ商品

商品検索